Requires a javascript capable browser.
京都西 BESSHO Ltd
075-394-3000 コロナウイルス感染症の対策について ガイソーについて ガイソーのこだわり 店舗を探す メンテナンス 施工事例 お取り扱い商品 お客様の声 お問い合わせ ボランタリーチェーン加盟店募集
住まいの外装リフォーム GAISO(ガイソー) トップブログ > 「屋根塗装は必要ない」に注意!屋根塗装の必要性を解説します!
ブログ
「屋根塗装は必要ない」に注意!屋根塗装の必要性を解説します!
2023年01月25日
 こんにちは! 西京区のガイソー京都西店の別所です☆
「屋根塗装は必要ない」と聞いたことがある方もいらっしゃるでしょう。
しかし、これは完全な間違いです。
屋根は外壁以上に紫外線や雨風にさらされているため、ダメージを受けやすいのです。
そのため、塗装によるメンテナンスが重要になってきます。
今回は、屋根塗装の必要性や屋根塗装が必要な劣化の症状と目安についてご紹介します。

□「屋根塗装は必要ない」を信じてはいけない理由とは?


以下では、屋根塗装が必要な理由として、屋根塗装を怠ると起こる劣化症状についてご紹介します。

1つ目は防水効果が低くなり建物の劣化の原因となることです。
屋根塗装が必要な理由は建材を防水し、長持ちさせるためです。
日本の屋根の大半はセメントですが、セメントは水に弱く、防水効果が低くなると徐々に劣化してしまいます。
基本的には、屋根の下に防水シートがありますが、防水シートも劣化すれば水が染み込み、建物自体が劣化する原因となるのです。

2つ目は修理費用が増えることです。
大きく損傷した屋根や大きなひび割れがある屋根は、塗装だけでは修理できません。
症状に合わせてしっかりと修理する必要がありますが、多くの費用が必要となります。
これらは、塗装で適切にメンテナンスしておけば防げる出費です。

3つ目は自然災害で被害が広がることです。
近年は、自然災害の数が増えています。
塗装を怠ると、災害の発生時に大きな影響を受けてしまいます。
また、室内に雨漏りが発生していなくても、建材に水が染み込んでいる場合は耐震性が弱くなっています。
より安心して生活できるように、定期的にメンテナンスしましょう。

□屋根塗装が必要な劣化の症状と目安について


1つ目は色褪せです。
屋根の色あせは、塗膜が薄くなり顔料が外に漏れ出しているサインです。
そのため、このタイミングで塗り替えることで劣化の進行を抑えられます。

2つ目はカビやコケの発生です。
塗装の保護機能が低下すると屋根が水分を含み、カビやコケが発生します。
屋根の劣化を早める原因となるため、カビやコケを除去した後に、塗り替えると良いでしょう。

3つ目は屋根の反りです。
屋根に水が染み込むと温度変化により、吸水と乾燥が繰り返されます。
その結果、徐々に反りが大きくなっていくのです。
反りが強い場合は張り替える必要があるため、早期に発見することが大切です。

□まとめ


今回は、屋根塗装の必要性や屋根塗装が必要な劣化の症状と目安についてご紹介しました。
屋根塗装は建物の劣化を抑えるだけでなく、修理費用を抑えるためにも重要です。
定期的にメンテナンスして、より安心して暮らせるようにしましょう。
屋根塗装を検討中の方は、ぜひ当社までお問い合わせください。
メール相談 まずは相談という方はコチラ! お気軽にお問い合わせください!
お見積依頼 お見積もりはもちろん無料。まずはご予算を知りたい方はコチラ! 外装リフォーム専門家ならではのプランをご提案!